無利息のキャッシングとは
無利息のキャッシング比較
目的別キャッシング比較
キャッシングの基礎知識
キャッシング用語
サブメニュー
お勧めリンク
■実質年率

お金を借りると、借りたお金と借りた期間に対する利息を返済しますが、一年間借りた場合に、どれだけの利息がつくのかを計算するための年利のことを実質年率といいます。一般的にキャッシングの場合は借りた日数だけ利息がかかるので、日割り計算を行います。

 

【計算方法】 『借入残高』×『実質年率』÷365×借入日数 で計算できます。
例えば50万円を、利息制限法の上限金利、実質年率18.0%で30日借りた場合、
500,000×18.0%÷365日×30=7,397円? となります。
毎月12,000円の返済で4,603円の元金が減ることになります。

 

また50万円を、出資法の上限金利、実質年率29.2%で30日借りた場合、
500,000×29.2%÷365日×30=12,000円
毎月12,000円の返済では全く元金が減らず、利息のみの返済になります。

 

このように実質年率が違えば返済金額もかなり違ってきます。借入する際には、返済金額だけでなく、元金がいくら減っているかなども考え、きちんと返済できるかどうかを考えながら返済計画を立てる必要があります。

Copyrightc 2008 ドメイン