無利息のキャッシングとは
無利息のキャッシング比較
目的別キャッシング比較
キャッシングの基礎知識
キャッシング用語
サブメニュー
お勧めリンク
■遅延損害金

キャッシングなどお金を借りた場合には、「返済期日」といって返済する日が決められています。この返済期日の約束を守らなかった場合、借主は返済の義務を果たせなかったとして『債務不履行』となり、損害賠償を負うことになります。一般的に、借金返済の場合の損害賠償のことを『遅延損害金』と呼ばれています。

 

ほとんどの場合、契約時に遅延損害金の利率が決められています。利息制限法では、利息同様に遅延損害金にも制限を設けてあり、制限利率の1.46倍までと定められています。

 

利息制限法の制限利率とは次のようなものです。
◇元本が10万円未満の場合 年率20%
◇元本が10万円以上100万円未満の場合 年率18%
◇元本が100万円以上の場合 年率15%

 

もし遅延損害金が発生したとしても、上記の制限利率の1.46倍までと定められているので、最高でも29.2%となります。それ以上の損害金を請求された場合は、超える部分については無効となり、支払う必要がありません。

Copyrightc 2008 ドメイン